もっと知りたい遠賀川

原始・古代編 

1 遠賀川の地理的環境

遠賀川は、福岡県の北部、 福智山、 英彦山 、三郡山などの 900~ 1200m の 山々に 囲まれ 、平野を南から北へ流れています。 

馬見山( 977.8 m)の 谷間に 源流があり、 72の 支流を 合わせて、河口の 芦屋まで 流れ 、全長 61. 7kmもあり、筑後川に次ぐ、福岡県 第二大河です

その流域は1,026㎞²もあります。

さらに北は、玄界灘を隔てて、朝鮮半島にも望んでいます。

また、遠賀川は、筑前(旧遠賀・鞍手・嘉麻・穂波郡)と豊前(旧田川郡)の旧二国にまたがっていたことから「 筑豊 」 とも呼ばれています。

とくに、 明治時代以降に、 日本の 近代化の原動力になった 石炭が 、この5郡から たくさん掘られたので、筑前の「筑」と豊前の「豊」を合わせて 筑豊という呼び方が 広く 用いられるようになりました。

上流の 田川盆地には、 遠賀川水系の 彦山川・中元寺川があり、 そして 東の 周防灘 に 注ぐ 今川があります。

 飯塚盆地では、 馬見山を 水源とする 遠賀川( 嘉麻川) と、 三郡山 を 源流とする 穂波川が広がり 、二つの川は 飯塚市で 合流し、北へ流れて、 直方平野いたります。

河口の 東側には 響灘に 望んで 若松半島があり、 北に広がる 響灘は 関門海峡をを西へ出た 海域で、東は 山口県の 海岸 、西は 玄界灘に接しています 。

この海域は 古くから 瀬戸内海・ 関門、 北九州市と 中国大陸・ 朝鮮半島を 結ぶ重要な航路で、 豊かな 漁場でもありますが、近年は工業化による海洋汚染も問題となっています。

下流域は山陰型気候区で、冬は北西季節風をまともに受けます。 中・上流域は筑豊盆地型気候で、昼と夜、夏と冬の気温の差が大きく、10月から12月には盆地特有の濃霧が多く発生します。

1955( 昭和30)頃から始まった、いわゆるエネルギー革命によって、石炭産業は、急速に衰え、遠賀川流域の人々は、大変苦しい時代を迎えましたが、福岡県の中央にあり、 北九州・福岡の二つの地域に近接するという、地理的条件を活かして、再生のための、さまざまな取り組みが、進められています。

遠賀川の流れとともに 、流域の人々が、各時代に、どのような活動を展開してきたのか、そのような 流域の、歴史を今からたどることにしましょう  。

2 最初の人々の足跡  旧石器時代 (先土器時代)

遠賀川流域に、いつごろから人が住み始めたのでしょうか。 遠賀川流域に広く分布する石炭は、今から約7500万年前の第三記という時代につくられました。

 当時は、湖や湿地の多い土地が広がっていました。メタセコイアという木がそのくぼ地に倒れて、積み上げられ、その後、深く埋もれて筑豊の石炭ができました 。

約200万年前に始まる第四紀という時代は、 更新世(洪積世)と完新世(沖積世)という時代があり、更新世は、気候が大変寒くて、乾燥した4回の氷河の時代と、その間に、気候の暖かい時代が、くり返されました。

 約2万年前の、最後のゥ”ュルム氷河の時代には、現在よりも気温が年平均で7~8度℃低くなり、海の水面は現在よりも、140m前後も低くなったようです。

 遠賀川には、現在の東北地方に分布している、ブナやナラなどの落葉広葉樹の林が広がっていたようです。

海峡は陸士となり、日本列島は、北と西で、大陸と陸続きになっていたことになります。

ただ、響灘の北にある対馬海峡が、完全に陸地になっていたのか、あるいは 、海峡が大変狭くなっていたのか、研究者の意見が分かれています。このころ、私たちの先祖は現在絶滅した 、ナウマンゾウ、オオツノジカ、ヤギュウなどの中国大陸の北にいた動物たちと、いっしょに遠賀川流域にもやってきたと考えられます。

 この時代は、土器がまだ使用されておらず、 打ち欠いた石器を主に用いていたので、旧石器時代あるいは、先土器時代と呼ばれてます。

 北九州市八幡西区辻田遺跡では、古い地層から、動物を解体したり、皮をはいだりする時に用いた、古い石器である切り出しナイフが見つかっています。

 このほか、同市内では、槍先に用いたナイフ形石器などが発見されています。 この石器の年代は南九州の火山灰の研究から約2万5000年前のものと考えられています。

 また、同市若松区の椎木山遺跡では2軒の家の跡が見つかり、約2万年前の住居跡として、話題を呼びました。同市八幡西区の紅梅A遺跡、同茶屋遺跡、遠賀郡岡垣町のとう塚遺跡と友田遺跡、同郡遠賀町の天神遺跡、同郡水巻町の苗代谷遺跡、鞍手郡若宮町(現宮若市)の汐井掛遺跡など 低い丘の上では、切り出しナイフやナイフ型石器が発見されています。

 上流域では、田川市の寺の上遺跡や、同市猫迫1号墳付近からナイフ形石器が、そして香春町の ゆむ読む体積では砕石人が発見されています。 これは長さ3㎝、幅5〜6mmの縦長の破片で骨や木の柄にはめ込んで

やりとして用いました。飯塚市の立岩遺跡では刃先だけを磨いた 石斧が発見されています。

 
ABOUT ME
onga
遠賀川流域住民の会サブページ